根管治療について

「根管治療」は歯を長期間残すために重要な治療です。

根管治療歯の神経や血管など(歯髄)が通っている根っこのような管を根管といいます。
むし歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根管が病気になってしまった場合は、神経が細菌に感染してしまっているため根管治療によって汚染された神経を除去しなければなりません。

根管治療とは

歯の根(根管)の中の細菌に感染した部分を除去し、根管内を十分に殺菌・洗浄したのちに再び細菌感染を起こさないよう薬剤を充填して根管を封鎖します。
その後、根管治療を行った歯には歯が欠けないようにかぶせ物を装着させます。

治療期間について

根管は人それぞれに形態や本数が異なり、非常に複雑で入り組んだ形状のため精密さが求められます。さらに根の中に唾液や細菌が入り込まないように治療中にも細心の注意が必要になります。そのため、根管治療は多くの時間や工程を要し、数回に分けて行われます。

根管治療の流れ

歯髄がある場合は歯髄を取り除き、過去に根管治療をして歯髄を除去している場合は、根管内につめている薬剤を取り除きます。痛みが出ないように、基本的には麻酔をした上で治療します。

根管治療の流れ

Step1.感染部分の除去

根管治療用の器具を使って、感染している歯質や残っている歯髄、薬剤などを除去します。

Step2.洗浄・消毒

薬剤を使用して洗浄・消毒を行い、症状に合わせた薬をつめます。

Step3.根管充填

根管治療後、痛みや炎症などの症状が落ち着いたら、根管内への細菌侵入を防ぐために専用の薬剤で根管を埋める「根管充填」という治療を行います。

Step4.土台作り

根管充填後、かぶせ物(クラウン)を支えるための土台(コア)を固定します。

Step5.かぶせ物の装着

歯の機能を補う、かぶせ物を装着します。

治療中の方へ

治療中は硬い食べ物は控えて

硬い食べ物根管治療中は硬い物を噛むと歯が欠けたり、痛みがでる可能性があります。歯科医師の指示に従ってお過ごしください。

途中で治療を中断しないように

治療を中断しないで根管治療は通院回数が必要な治療です。途中で治療を止めてしまうと症状が悪化し、抜歯が必要になるケースもあります。ご自身の歯を長く残すためには最後まで治療を受けることが大切になります。

抜歯を視野に入れる場合も

根管治療中に歯の根が割れていることがわかった場合は抜歯を視野に入れる場合もあります。

土曜も診療・夜19時30分までの歯科医院011-788-2494診療時間 10:00-19:30 [日・祝日休診]

初診WEB予約 お気軽にお問い合わせください。