札幌市北区で歯科医院をお探しなら、訪問歯科(歯科往診)も行う札幌デンタルクリニックへ。一般歯科をはじめ、小児歯科・歯科口腔外科・義歯・インプラント・訪問歯科診療など各種治療に対応。歯のことでお困りのことがあれば、まずお問い合わせください。

歯周病治療

歯周病治療について

歯周病治療

こんな症状はありませんか?

  • 歯ぐきが腫れて痛い
  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯がグラついて食べ物がよく噛めない
  • 口臭がある

このような症状で来院された方の大半が歯周病です。
できるだけ早く歯科医院に行くことをおすすめします。

歯周病とは

歯周病ポケット内のバイオフィルム歯周病は、歯周病菌など細菌の感染によって歯ぐきや骨に炎症を起こす病気です。
さらに歯の奥まで炎症が広がると、歯を支える土台である歯槽骨が破壊され、放置していると歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。
しかも、恐ろしいことに歯周病は発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行します。気付いた頃には、歯周病がかなり進行してしまっているケースもあります。

歯周病と全身疾患との関わり

さらに歯周病を放っておくと、歯周病菌などの細菌が出す物質によって、心臓病や糖尿病、肺炎や口腔癌、また、妊娠している場合は生まれてくるお子さまにも影響を与えることが段々と分かってきました。

歯周病の原因

歯周病の原因は歯と歯肉の間に溜まるプラーク(歯垢)と歯石の周りに繁殖する細菌です。

プラーク(歯垢)

プラークとは歯と歯ぐきの間に溜まる乳白色の粘性のある物で細菌の塊です。
プラーク1mg中には10億ほどの細菌が存在すると言われています。
このプラークの中に虫歯や歯周病の原因となる細菌がひしめいているのです。

バイオフィルム

バイオフィルムは細菌の塊である「プラーク(歯垢)」の強固な集合体です。時間の経過とともに、バイオフィルムへと変化します。殺菌作用のあるだ液を寄せ付けず、虫歯や歯周病を進行させます。

歯周病の進行

歯周病の進行

健康な状態
  • 歯と歯ぐきのすき間(ポケット)がない
  • 歯ぐきが引き締まっている
軽度歯周病
  • 歯ぐきが赤く腫れあがる
  • 歯を磨いたり、かたいものを食べると出血する
中度歯周病
  • ポケットの炎症が慢性化して骨が溶け始める
  • 口臭もあり、歯が浮いたような感じがする
  • 歯がぐらつく
重度歯周病
  • 歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう
  • 歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなる

歯周病治療

歯周病の原因は患者さんによって異なります。
当クリニックでは、歯周病の治療前にカウンセリングや検査を実施し、一人ひとりに適した治療を行います。

プラークコントロール

プラークコントロール 歯科衛生士治療風景一般にプラークコントロールとは歯や歯ぐきに付着したプラーク(歯垢)を抑制、除去することを言います。
歯周病予防・治療を行うには、まずプラークコントロールが重要です。正しい歯みがきの方法や、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用し、プラークを取り除くことが予防・治療につながります。
正しいブラッシング方法なども当クリニックで指導しますので、ぜひご相談ください。

スケーリング

「スケーリング」とは「スケーラー」という専用の器具を使い、歯根表面のプラーク(歯垢)・歯石などを除去する事をいいます。除去する事により歯ぐきの炎症が和らいでいきます。
歯石はブラッシングなどのセルフケアでは除去することができません。
また、歯石は一度除去しても時間の経過とともに再形成されるため、定期的に除去して、虫歯や歯周病予防の効果を上げましょう。

歯周病検査について

歯周病治療をするにあたり、正確な検査結果に基づく診査・診断が欠かせません。
歯周病検査の内容についてご案内します。

歯周ポケット測定、動揺度検査

歯周病の進行段階を把握する目安となる歯周ポケットの深さを測定する検査です。プローブという針のような金属製の器材で検査をします。歯の動揺はピンセット状の器具でチェックします。歯周病の検査の中で一般的な検査です。

レントゲン検査

歯のまわりの骨(歯槽骨)の高さ、吸収の仕方を調べます。また根に付いた歯石を見ることもできます。

歯周病危険度チェック

あてはまる項目にチェックしてください。

No. 項目 判定
01. 朝起きた時、口の中がネバネバする
02. 口臭が気になる
03. 歯みがきは1分以内、1日1回未満である
04. タバコを吸う
05. 何か気になるところがないと歯科医院には行かない
06. ストレスを溜め込んでいる
07. 歯が長くなった気がする
08. 食べ物がはさまりやすくなった(歯と歯の間に隙間ができた)
09. 歯ぐきを押すと白い膿が出る
10. 歯みがきをすると血がでることがある
11. 歯ぐきが腫れている
12. 指で押すとグラグラと動く歯がある
13. 医者から糖尿病と言われた

チェックによる判定

▼10個以上
ご自分でも歯周病を自覚しているはずです。早期に治療を受けましょう。
▼7から9個
歯周病がかなり進行している恐れがあります。すぐに検査をすることをおすすめします。
▼4から6個
軽度の歯肉炎・歯周炎の可能性があります。放置すると中・重度へと進行してしまいます。一度歯科医院でしっかり検査しましょう。
▼1から3個
軽い歯周炎の可能性があります。歯の磨き方を見直してみましょう。
▼0個
今のところ歯周病の心配はありません。
定期的に歯科医院に通って歯石の除去など、予防を続けていきましょう

※あくまでも目安ですので、定期的な検診は欠かせません。

土曜も診療・夜8時まで診療の歯科医院 TEL 011-788-2494 診療時間 10:00 - 20:00 [ 日・祝日 休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+